Fanfiction 二次創作|Junkkits

「私はマール」ウーナタイプ

みなさんこんにちは。
私はマールです。ウルト村出身で18歳です。

私の村は小さく、私も9歳になるまで同世代の友だちがありませんでした。
少し年上の村長さんのところのユズ姉は、私よりずっと活発で、
友だちというより、文字通りお姉さんだったんです。
そんな私に親友が出来たのは8年前でした。

「おーい、マール!」
あ・・うわさをすればなんとやら。
「アヴィン!」
私の大切なお友達のアヴィン。
彼は8年前、見晴らし小屋の賢者さまのところへ引き取られたんです。
他に身寄りがないのだって、村の人たちが話していました。
でも・・・。
この先は私しか知らないこと。
実はアヴィンには生き別れた妹がいるんです。
名前はアイメル。
事情があって、二人は別々に隠れて住んでいるのですって。
そして・・・アヴィンはアイメルがどこにいるのか全く知らされていないんですって。
アヴィンがこの話を打ち明けてくれたとき、私、アヴィンと一緒に泣いちゃった。
運命なのか宿命なのかわからないけど、
たった二人の兄妹をばらばらにしてしまうなんて、許せないと思いました。
私とアヴィンは、約束をしました。
いつかきっと二人でアイメルを探しに行こうって。

「マール、大変なんだ!」
息せき切って走ってきたアヴィンの様子が、なんだか、変。
「どうしたの? アヴィン。」
「じいさんが・・・、じいさんが死んじまった!」
「ええっ、賢者様が?!」
「食事をとるまでいつもと変わりなかったのに、・・・そのあとで、急に・・・。」
アヴィンは歯を食いしばって、涙をこらえていたわ。
「マール、おばさんに伝えてくれ。俺は村長さんに伝えてくる!」
「ええ・・」
アヴィンはそう言って、駆けていった。
私も、家に向かって駆け出していました。


・・・思えば、あれが私たちの旅の始まりでした。
隠れ住むという呪縛から解放されたアヴィンは、
死に際に賢者様が教えてくれた妹の手がかりを求めて、
王都の北、プレアウッドを目指すことになりました。
私は、アヴィンと一緒に行きたいと両親を説得しました。
母さんも父さんも、最後には私の気持ちをわかってくれて・・・。
私は、旅支度をしたアヴィンに、いっしょに付いていくと言ったんです。
アヴィンはとても驚いたけど、でも喜んでくれた。
村の人たちに見送られて、私たちは旅立ちました。アイメルを求めて。

この旅を成し遂げたら、一回り大きくなれるような気がするんです。
アヴィンの支えになれたら、私、彼の側にずっといられる存在になれるかも知れない。
アヴィンは大切な人だから・・・。
私、きっときっと彼を守ります。

(終わり)


上に戻る

HOMEに戻る

Fanfiction 二次創作のトップに戻る