Fanfiction 二次創作|Junkkits

真実の島へ行きましょう

後書きに替えて

トーマス

別れのシーンがこんなに辛いなんて、書き始めたときには想像もしませんでした。やっとの思いで完成です。
それと、没になったシーンを一つ、おまけとして収録しました。「そういうのが書きたかったのね」と笑ってやってください。

何が一番いやって、名残惜しく別れていく二人が、次に会う時にはお互いベストパートナーを見つけているっていう事で…。こんな空しい事ってあり?って感じです。アヴィンとミッシェルって、所詮はかりそめの仲?いえいえ、ちゃんと檻歌に続いていますものね。生涯のお友達にはなれたのかなあ。あまり行き来があったようには思えませんが、エルフィルディンのまとめ役としてオルドスが作られていく頃には、人(魔法使い)を送り込んだりしているのではないかな。あと、きっとトーマスが貿易に手を出すと思うので、それの荷受けとか。
船乗りさんはやっと名前が出ました。彼の事はばっさり省いたとこあり、勝手に追加したとこありで、IVご存知の方にはいいように変えてあるのがおわかりかと思います。
ミッシェルさんを奪っていく憎い奴(^^;)でありますが、結構好きなんですよ、本当は。WIN版IVの一番の期待は彼がどう化けるかだったりします。5であれだけ活躍したんだから、もう少し出番増えるでしょ?って思うんですけど。
通して読むと、10・11あたりで自分の気持ちが固まりきっていなかったなと反省する事しきりです。ちょっと手を入れたい気もする…。

上に戻る

HOMEに戻る

Fanfiction 二次創作のトップに戻る