ファルコムゲーム攻略 幻想三国誌|Junkkits

プレイ日記 その2

10月7日

隆中へ。
隆中山斜面・・・明目丸、散毒丹
隆中山中・・・行気散、50両、生肌接続膏薬、貂蝉居分岐
貂芝の家でひと悶着。そこにあったお宝は、施機剣譜

隆中の渓流・・・400両
隆中の田畑・・・青銅兜
ここでニセ三兄弟とも戦う羽目に。彼らちょっと強いです。でも、糜香(びこう)が可愛いから頑張っちゃいますよねー。
ちらっと登場した百月(ももつき)は、さすが獣。言葉がでたらめです(^^;)。しかもいい性格していそう。

臥竜居の外・・・臥竜居に到着、いざ面会と思ったら、幻石陣というところに入り込んでしまいました。

スタート面を上に進むと、謎の茶桶があります。まずは回復を。
茶桶から左へ進む道は行き止まり。右へ進んで次の面へ出ます。上下左右に進めますが、まずはどんどん上へ向かいます。スタート面から数えて5面目に、再び謎の茶桶が出てきましたので、縦方向はループと判明です。
茶桶から右上に進んで上下左右の面へ出ます。今度は向かって右へ進みます。
次の面はまっすぐ一本道で、その次の面は十字に道があるけど、下と右が行き止まりになっています。唯一進める上へ進む事三面目で、関羽が待ち構えていました。また、勝てない戦いですね~。あっさりやられました。

気絶している間に勝手に話が進んでますけど、いいのでしょうか。
許都で曹操に挨拶をしてから、新野に向かう事になりました。そして新たなお仲間、糜香が加わりました。百月は野性に帰っちゃったのかな?
卵を育てられる事になりました。が、何この卵ーーっ!フィールドを駆け回っています。ちょっと可愛いかも…卵じゃなければ。

隆中を出る間際に強制戦闘が。なかなか、厳しいです。
その後の伯雅の選択。
1.(姉と一緒に古松居に帰りたい。)
2.元気を出し、親の無実を晴らそう
まあ、一回目から血の繋がらない姉弟のロマンスを追いかける気はないので、2にしました。

許都へ行き、曹操に暇乞いをすると、怒ります。(当然)
兵に囲まれ絶体絶命というとき、突然包囲が解かれます。どうやら助かりました。
(いいショットが撮れなかった~~。)

大地図を新野へ向かいます。えーと、下の方です。川と船が見えます。
町の中、青い幻獣を連れていると隠しお宝が拾えます。そのお宝には(青)って付けますね。

町の入口から2軒目の新野の民家・・・蜀(しょく)の薬王、荒山石髄(青)
新野の南の家の中・・・行気秘薬(青)
お堂の裏手・・・醒神丹
新野の南の家の前・・・仙丹・覇方(青)
太守府門の左手・・・破枷符丸

ところで、北の家って、どうやって入るのでしょう?

太守府で劉備(りゅうび)と面会。 そして温青と再会っ!でも伯雅としては、これで姉さんへの手掛かりを無くしてしまったのですね。
で、劉備から城中で民兵を5人集めよとの命令を受けます。
・村入口一件目の新野の民家、関治(襄陽にいる女房に伝えてと言われましたが、見つからない…)
・太守府の前で空腹にしている、周冦
・北西の家で鍛錬している、戴勇
・お堂の所をぶらぶらしている、古嘉
・南の家の、賈尚

5人クリアすると報告に行こう、と出るのでわかります。
ご褒美に全員経験値100と精元値100をもらいました。

次はとうとう戦場デビューです。初陣を飾る伯雅のために、趙雲が仲間になってくれました!!
蜀・調軍令牌を3個もらいました。

趙雲とレベル差があるので、大地図へ出てしばらく修行です。

10月10日

襄陽の女房を捜すも、見つかりません~。聞き間違えたかしら…。

隠しアイテムを取れました。
博打打ちの家・・・仙丹・疾風、30両
襄陽の北の家・・・短刀
襄陽の宿の部屋・・・百年人参
襄陽の南の隅の家前・・・大行気散
もう一個くらいあったかも知れません。

博望坂へ行く前にレベル上げ。大地図を隅々まで歩き回りました。黄巾党の二人組が手強いですね。Lv.21~22になった所で決戦の場へ向かいました。
側へ寄る前に、一度セーブと回復をした方が良いかも知れません。

一面目はすぐ戦いが始まります。
二面目にお宝がありますが、取ろうとしても取れませんでした。階段のあたりへ進むとオートで戦闘に突入します。最初の戦いよりダメージが大きいです。面に入った所で移動せずに回復をしておいた方が良いかも知れません。
三面目のお宝は取れました。制傷丸薬です。ここでも戦いになりますが、先程より少しだけダメージは少な目かな? この面の戦いが終わると劉備が出てきます。イベント後、自動的に次のマップへ進みます。
四面目には謎の茶桶が目の前にあります。回復して、セーブもしておきましょう。
あっ、いつの間にかイケメンのおにーさんが抜けて、髭のむさいおっさんが仲間になっています! が~ん。そのおじさん(関羽)が、戦場物件の説明をしてくれます。要は、火属性の攻撃を使えば周りの戦場物件が燃えるという事ですね。

え~、ここでアクシデントが発生中です。

上の戦いの途中で、ゲームがキー入力を受け付けなくなりました(涙)。やり直しても似たような条件になった所で同じエラーが発生します。ファルコムのBBSに同じ症状の報告がありましたので、なんかバグなのかも知れません。
対処方法の決定打はないみたいですが、設定を変えたり短考にしたりで回避できることもあるようです。今から試してみますので、今日はここまでです。

10月11日

キーを受け付けなくなったときの状況ですが、
・長考で普通モード
・兵士をすべて倒し、夏候惇だけ残っていた。
・こちらは全員「気」を消費して、招式アイコンが消えていた。
・燕起の順番になったとき、すべてのキー、マウスのクリックを受け付けなくなった。
Alt+F4はダメでしたが、Ctrl+Alt+Deleteは受け付けたので、タスクの終了でゲームを終わらせる事は出来ました。(WIN2000です。)
短考にし、兵士を残す、「気」を少し残して招式アイコンが出るようにしたところ、最後まで戦えました。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑(10/13追記)
短考に直したつもりだったんですが、ここ、長考のままプレイしてました。プレイ開始前に設定で「短考」にしても、保存していたセーブが「長考」だったら、設定が戻ってしまうんですね・・・。
ということで、 兵士を残す、「気」を少し残すあたりが解決の糸口じゃないかと思われます。
兵士は残しておいても伏兵の火攻めでやられていくので、ドキドキものでした。

逃げた敵を追いかける前に、茶桶のお世話になりましょう。

夕暮谷には雑魚しかいません。戦うもよし、先を急ぐもよし。

落楓路は右手に進んで、階段を下りるあたりでオートになります。手前の宝は玄綾丹。
さて今度は張飛が仲間です。げっ、夏候惇の技が全員に来ます!それ反則・・・
この戦いでも、大将一人を残していたらキーが無効になりました。設定をさらに修正し、
・天候効果をOFF
にしました。
これで兵士を残す、招式アイコンが出るように調整したところ、勝てました。何が原因なのか、わかりにくいですね。

楓谷2 最初の分岐を下に進もうとしたら行けませんでした。
右上に宝箱、真龍黄袍。
下に進んで、行気丹
そのすぐ隣に、8000両(青)
宝を取ってから右に進むとオートになり、敵が逃げて、こちらも大地図に放り出されました。

新野城へ戻ります。伯雅にまた選択が。
貂蝉の質問に
1.芸真さんは素晴らしい女性です!
2.奥様のご厚意はありがたいのですが・・・・・・
まあ、ここまで来たら2でしょう。良かったのかなぁと悩んでいると、続けて糜香に関する選択が。
1.(香さんは気の毒だ。親身になろう)
2.(もう少し普通にならないのかな?)
またも悩ましい選択ですが、こちらも2で。

翌朝、城の食糧が空っぽに! 樊城に運び出されたようです。
孔明から破邪兵法をもらいます。
お、温青も仲間入り。戦いには参加してくれない人ですが、嬉しい(笑)。

10月13日

樊城の東、城の北東の隅・・・万年霊芝(青)
兵舎の手前・・・生肌接続膏薬

兵舎、宝・・・百脈序通散
将軍詰め所・・・春陽剣譜
西出口そば・・・笑仏頭巾(青)
ぬいぐるみって、これから何かの役に立つんでしょうか。兄者かわいさに買ってしまった・・・。

樊城の西、豚のいる家の西・・・毫毛針
城西の古屋・・・沈霊香(青)
炊き出し善人から食糧の入手先を聞き出します。赤印獣を使って動物から話を聞くと、神意派の秘密の入口がわかります。

城西の古屋に手紙を無くしたおじさんがいます。探すのを手伝いましょう。青印獣で樊城の東の階段下へ行くと見つかります。お礼に仙丹・疾風を3つもくれますv

山の手へ行くと、秘密とは思えない入口があります。まあ、先に眺望台へ行っておきましょう。
最上部・・・大行気散

神武門から神武廊下へ。ここのバトル、稼げました。Lv.22~23です。
仙丹・化生(青)
行気秘薬
蜀の薬王
百年人参
生肌接続膏薬

神武堂へ進むとイベントです。戦いに勝つとかなりレベルアップしました。狂酒笑十八(読めん)というお頭が出てきて交渉開始。温青が土地を譲り、破砕混元刀譜をもらいました。

帰り道、神武廊下に玄炎の指輪(青)を発見。同じフロアにいても、近づかないとお宝が光らないですよね。取りこぼしがいっぱいありそうです。

東の門へ来ると、温青が宿に泊まろうと言い出します。彼女の気配には鋭いようで。
温青と相対した羽鳳の選択
1.もう、あなたの話は聞きたくもない!
2.あなたが私を好きなのは知ってます。
う~ん、これでどんな条件が選ばれるんだろう??と悩んで、1にしました。

一夜明け、太守府に戻ると全員経験値と精元値を100もらえました。

上に戻る

HOMEに戻る

幻想三国誌のトップに戻る