英雄伝説ガガーブトリロジー 朱紅い雫|Junkkits

9月24日

ログイン11月号 p79 カラー1/4ページ

カットは2枚。アイメルアップとウルト村を見るアヴィン。
12月発売決定、と書いてある。

ログイン11月号 p149 白黒1/4ページ

パッケージが赤になるかどうかはまだ未定とのこと。確かにこれも気になる事の一つだね。
カラーとは別のアヴィンのバストショットが。どのシーンかわからない。ステンドグラスを見上げる・・かなぁ。

ファルコム公式サイト(攻略トップ)

・HotInfomation
・朱紅い雫PC9801版のページ(とうとうnotfoundに…02.10.18)

コンプティーク11月号 p カラー1/4ページ

内容というほどのものはない。精霊魔法という単語が出てくる。
カットは2枚。アイメルアップとウルト村を見るアヴィン(ログインと同じ)

10月24日

ログイン12月号 p104 カラー1ページ

12月発売予定、と書いてある。オープン価格。Win95,98,Me対応

ビジュアルカットが6枚。アイメル(11月号と同じ)、アヴィン、ルティス、シャノン、マドラム、石像。この最後の石像が~見覚えがない。
ゲーム画面のカット4枚。カテドラール(ファルコム公式サイトで見られるものと同じ)、製鉄所(98版ではいなかった人がいる。さらに、バトルの後みたいだ。)、スコティア窟(雑魚増えてるんですけど。・・・リタかなぁ。)、コンバットアニメ(この位置、固定なのかな?)
画面の外枠。エリュシオン?石像と同じ人?女の人?竜かな?
必殺技システム。
リアルタイムバトル。HP,MPの下にもう一本バーがある。はて?白き魔女の戦ったり、休んだりしながらのバトルを思い出すな。魔獣は海の檻歌のように右側に全部表示される。
オープニングムービーが加わる。
新シナリオは4部構成。
章間にビジュアルシーンを追加。
忘れてた。ゲーム画面に燦然と輝く”SAVE”ショートカット。こんなに嬉しい物はないです。00.10.28追加

11月1日

GAMESPOT JAPAN

まあ、上のタイトルをクリックしてくれれば全てわかるんだけどね。(リンク先消滅)
発売日は12月7日。正式タイトル「英雄伝説IV 朱紅い雫」。
初回特典「シナリオ原本」,「オールカラー設定資料集」,「サウンドCD」。CD-ROM版とDVD-ROM版が出る。
パッケージは書下ろしですね。アイメルはわかるのですが、あと何人かいるのが、はっきり見えない。(アヴィンが~。)
一番欲しいと思っていたものが特典についてしまう…。おそるべし。すでに頭の中では、CDとDVDを一つづつ買って、片方の特典は永久保存しようとか考えていたり・・・。00.11.1追加

11月2日

Mainichi INTERACTIVE

こちらも上をクリックしてください。(リンク先消滅)ここは、画像をクリックすると拡大したのが出ます。いろいろとわかった事が(笑)。
上のページのひとつ上に、ログイン11月号の白黒ページに出ていたアヴィンがカラーで載っています。赤紫の変わった色になってます。さみしいとか辛いとか・・・そんな顔。何かのイベントシーンのようですね。ステンドグラスははずれ・・・と言うより、98と同じイベントあるのか?
パッケージの詳細。出ているキャラクターはマドラム・アイメル・アヴィン・マイル・ルティス。Win版、マドラムが随分クローズアップされていますね。アイメルが旅行用のマントのような物を羽織っているようです。
パッケージの形はYsIIエターナルみたいですね。
期待の特典付き用「赤」パッケージは見当たりませんね。発売まで秘密なのでしょうか。
インストールディスクとゲームディスクと書いてありますね。3や5と同じかな。パッケージと同じイラスト。マイルの頭がディスクの真ん中の穴で抜かれているようですが・・・。
特典はどちらの本も頭に「英伝IV」と付いています。3・5オンリーのキャラは見られないか。(銀髪ちゃ~ん。)
オールカラー設定資料集、開いてあるページはアイメルです。
「ミッシェル」「トーマス」はともかく、「水底の民」って単語まで出てきた。うう、これ絡むのか。(「転移門」とか「邪神官」とか、5であれって思ったところはあるけどなぁ・・・。)もうストーリー想像するのはあきらめて、黙ってゲームを待とう。手に余る。下手に想像してしまうと、つまらなくなりそう。00.11.2追加

11月8日

TeckWin12月号p(あ、覚えが・・・ファルコムのページです。) カラー3/4ページ

HotInformationでも紹介されている、獣車のあるカットに、ガウェインのセリフがついたものが掲載されている。(文字小さくて・・大体読めるけど)

シャノンのところに「旅の仲間になる」ってあるんですけど???それよりなにより、なんでマイルが今もってどこにも出てこないんだろう?何か、隠してる?
ここではタイトルが「英雄伝説IV 朱紅い雫」になっている。横のファルコム担当者のコラムでもそうなっている・・・。公式サイトに載ったら、その名前に統一しよう。
発売日は12月上旬と書いてある。まあ締切日を考えればデータ古いのね。

11月8日

マイコンBASICMagazine12月号 P135カラー1/3ページ

初回特典の紹介。オープニングより画像4点。ルティスとシャノンは今までに見られた絵。アイメルとオレシア、アヴィンとマイル。

マイコンBASICMagazine12月号 P146~147カラー2ページ

オープニングの歴史の部分の画像2点。(98版の文字だけのオープニングの部分に該当しますかね。)ここに描かれている人が=石像の人で=メイン画面に描かれている人なんですが・・・誰でしょう?4精霊の一人かなあ?

プレイしての印象をお届けする。と記事の頭に書いてあります。読むべきか、封印しておくべきか、判断の材料になるでしょう。あ、この下を読んだら封印になりませんよ。
カテドラールの画像3枚。猫がいます。カーリーちゃんに似てます。
子供時代のアヴィンとマイルの画像3枚。セリフつき。イベントのバレ有り。
旅立ちの時のアヴィンとマイルの画像3枚。セリフつき。イベントのバレ有り。
Win版はパーティの入れ替えが話に沿ったものになる。斡旋所もない。
パーティ関連の画像3枚。セリフつき。イベントのバレ有り。
キャラクター紹介。残念な事に画像がでたらめ。
正しくは左上の画像からアヴィン(合ってる)、マイル、ミューズ、アルチェム、エレノア。右上の画像からアイメル、マーティ、ダグラス、ラエル、コンロッド(合ってる)。各紹介を見ると、かなり変わっている事がわかります。

魔法エフェクトの紹介画像5枚。「エアリアス・ラブリス」って、この名前で出てくるんですねっ。念押ししたい気分。
再会?・・・謎な画像一枚。

電撃王12月号 P4~5カラー2ページ

ファルコムの広告です。
「キャプテン・トーマス」え~この名前で出てくるのぉ?(注)文字だけです。
精霊を操作できるそうです。邪魔な道ふさぎじゃなくなるのね。
「道マップの大幅バリエーション追加」
マップ上の邪魔な木とか岩とかがなくなりましたねー。画面の真ん中に鎮座していると怒りを通り越してあきらめの境地になったものでしたが。(とくに、上から右へ抜ける画面は最悪でした!)
フルスクリーンモードとウインドウモードが選べるそうです。
MIDIの2ループ目以降に違うアレンジも。これは楽しみです。

キャラにカーソルあてると出てくるミニアイコン(5と同じような)。剣・盾(これは5にはなかった)・アイテム・?・魔法(杖の絵)・回復?(十字)の6つ。でも回復って?いや、真ん中に「黒魔」って書いてあるんで、回復魔法は使えないはずなんだが・・。単純に回復系を魔法もアイテムもまとめてあるのかな?3はどうだったっけ(忘れました・・・)。

ステンドグラス、綺麗ですね。
各章にはタイトルがついてるようですね。ステータス面も綺麗です。パーティのキャラの顔絵があります。かわいいですよ。
見覚えのないアイテムもありますね。

コンプティーク12月号 P2~3 カラー2ページ ファルコムの広告

コンプティーク12月号 P104~105 カラー2ページ

子供時代のウルト村の画像一枚。
スコティア戦の画像一枚。
カテドラールの画像一枚。
アヴィンとアイメルの紹介。そういえば二人だけ紹介ってここがはじめて。
見晴らし小屋の画像一枚。バレ有り。
アヴィンとマイルの画像一枚。ハンサムで理知的・・・?
兄妹の生い立ちに潜んだ秘密、って・・・
ギルドの画像一枚。セリフがちゃんと今回のシステムを説明してる。RPG初心者にもかなりやさしいバランスになった、そうな。
序盤のストーリー紹介とそれにまつわる画像3点。バレバレ。
バトルシーンの紹介。初見の画像あり。
シャノン・ルティス・マドラムのキャラ紹介。絵のトリミングが綺麗で、キャラクターもアップなので、おすすめです。

11月9日

ファルコム公式サイトに専用ページ開設

店頭用デモムービーのダウンロード、キャラ紹介など

雰囲気を知りたい人はムービーを落としましょう。知りたくない人は決して見てはいけません。後戻りは出来ませんよ。ムービーの内容については、マジでバレバレですから・・・どこに書こうかな。一番下に付けておきましょうか。

キャラクターはメインキャラとパーティキャラだけです。98のファンブックに載っていた人+一名です。人によって受け止め方が違うので、見てのお楽しみというか、覚悟してねというか・・・。
前二作の初回特典だった白と青のパッケージに続いて、赤いパッケージがつくのですが、これがファルコム通販のみの特典となっています。
初回特典の音楽CDですが、新規録音ではなかったようです。「エレクトリックオーケストラ」となっています。まあ、今から手に入れるのは難しい物ですから、新しいファンにはありがたいことです。
ファルコム通販では、さらに店頭デモ用CD-ROMとポスターが付くようですね。通販のみなのか、店頭にも販促グッズとして配布されるのかはわかりません。
正式タイトル、「英雄伝説IV 朱紅い雫」でいきます。略す時は「新4」ね。英訳が「A Tear of Vermilion」。

動作環境がやっと明らかになりました。CD-ROM版でPII233(300以上推奨)、DVD-ROM版ではPII300(333以上推奨)。フルインストールすると1GB以上欲しいと書いてあります。BGMデータが一枚分として、ムービー部分は何分ぐらいなのかな。容量から推測できたらいいのに(笑)。

11月15日

Falcom公式サイトに音楽データ掲載

MIDIとリアルオーディオのファイルが置かれています。曲は、新曲ばかりかな。タイトルは以下の通りです。
オクトゥム対バルドゥス!!
オクトゥムのテーマ4
燃えろアヴィン!!
旅立ち
朱紅い雫のテーマ3
新テーマ「絆」2 絆 -熱き思いを胸に-

で、・・・テンポラリーフォルダへデータを拾いに行ったら、上のほかにも3曲ダウンされているんですね。どっかで聞いたような曲も入っています・・謎です。
あ、うっかり忘れるところだった。サウンドチームjdkのインタビューもありまして、そこで新4のキャラ(チビキャラ)が拝めます。アヴィンはないですが、ミッシェルとかマイルとか。うん16色より格段に綺麗で細かいです。もうあんなのを刺繍で刺したいとは思わないでしょう(笑)。

GAMESPOT JAPAN

解像度800以上で見られる、右の余白のCM欄に「朱紅い雫」バージョンがお目見えしています。ゲームといっても、画面はビジネス系なのでそれほど派手ではありませんが、オールカラー設定資料集の開かれているページが、アヴィンとアイメルです。立ちポーズ(左手を握手のように差し出している)と、表情が3ポーズ見えます。絵描きにはたまらんです、はい。キャラチップも出ています。前後左右と、ファイティングポーズでしょうか。
このCM欄は数社の入れ替えらしく、けっこう頻繁に見られます。

11月16日

Falcom公式サイトに追加情報掲載

専用ページオープンの時の予告されていた、世界観と戦闘システムのページが公開されました。
世界観のページでは、大判の地図を見ることが出来ます。実は私、ガガーブの位置を誤って認識していました・・・。
戦闘システムのページは、一見の価値ありです。エルカルゴがかわいいですよ~。このページは、ゲームをやり始めてから見るべきなのかもしれません。もしくは、マニュアル見るのがかったるい人向けですね。一部キャラクターのイメージが変わった・・・気もしますが。

11月21日

Falcom公式サイトに音楽情報掲載

すいません。掲載されたのはだいぶ前だったんですが・・・。
Falcom Midi Club というコーナーに、朱紅い雫特集が組まれています。新曲6曲がMidiとRealPlayerのデータで紹介されています。
ほかに、サウンドチームjdkの皆さんのインタビューがあります。

遅くなったお詫び・・・でもないんですが、実はダウンロード用の6曲のほかに、特集ページ3ページにそれぞれ曲が振ってあるんですよ。その曲の保存方法を・・・。
<自分の環境でごめんなさい。>
Win98で、c\Windows\Temporary Internet Files を開きます。山ほどファイルがありますが、ファイルタイプでMIDIになっているファイルを探します。その中で、ed400.mid、ed401.mid、ed402.midをコピーします。(もちろん、新曲もコピーしたって構いません。)それを、マイドキュメントなどへ貼り付けます。
あとはダブルクリックして聞くだけです。聞こえない場合は・・・個々に調べましょうね。こうしておけば、履歴の保持日数が過ぎても、消えてしまいません。

取り出した曲は、個人の利用の範囲でお使いくださいね。
あ、あと、履歴を保存しないように設定してあるとこの技は使えません。

11月24日

ログイン1月号

表紙に【完全攻略】英雄伝説IV「朱紅い雫」と入っています。
そうです、今回から攻略情報満載なのです。よーく考えて買おうね!

p20 ニュースヘッドバット 初回特典を紹介。よく見るあの画像ですね。
p52~53 広告。P53の下の方に初回特典の写真が出ているんだけど、設定資料集がとてもきれいに写っています。アヴィンとアイメルのほぼ全身と、となりのページには、離れ離れになった頃のふたりがカラーで・・・。あと、交響詩英雄伝説IVの全曲名が掲載されています。
p92~95 攻略。~光と闇の果てしなき戦い~と副題をつけています。かっこいいなー。
オープニングについては触れられていませんね。
攻略が載っているのは、フィルディンまでです。
セリフと、そのシーンのゲーム画面が主ですね。セリフは、お楽しみにとっておきたい人には、見るかやめるかジレンマに陥るところでしょう。

ざっと読むと、98版との違いが鮮明にわかります。根底のところは同じだけれど、やはり新しい物を遊ぶつもりで、「全部受け入れてみる」姿勢で遊んだ方が楽しいと思いますけれど。
ガガーブ3作制覇な物が、こんなに早く出てくるとは。(物です。人じゃありません。ぬか喜びしないように。)
次号はチブリ村からだそうです。

前2作もプレイしよう!と、白き魔女、海の檻歌も紹介されています。冬休みにぜひ。私もおすすめです。4→5→3ってやってみたくなったら成功でしょうね、3部作。
冒険者はマーティとミューズが出てきました。
アヴィンの魔法が選べるかどうかも、触れられていませんね。海の檻歌では黒魔法だっただけに、気になるところなのですが。

「アスキーデジタルバイヤー」創刊号に情報掲載

p??(目次からgameへ飛んでね。)
ニュース記事なんだけどね。
「・・・女傑アルチェムが活躍する・・・」
何を考えているんだ、この記事書いた人!ルキアスあたりと間違えているんじゃ・・・。

11月30日

Falcom公式サイトにパッケージ画像発見

何気にクリックしていたら発見してしまいました。かなり大きい画像です(121k)。絶妙な角度で、マイルと目が合います。何でアヴィンじゃないのでしょう?販売店様用だそうです。
他に、CDを紹介しているページで、MIDIやREAL AUDIOが聞けたりします。今度特典に付くeオーケストラの曲もありました。

12月8日

コンプティーク1月号 P104~105 攻略 カラー2ページ

電撃王1月号 P103 紹介 カラー1ページ

12月17日

パソコンショップにて

販売店用の大判ガイドブックを見てきた。
チラッとしか見られなかったんだけど、イースのときのような、店頭配布販促物も予定あり・・・と書いてあった。
ところでその店、ソーサリアンの予約特典を500円で売っていたよ?なんで?

店頭用デモムービー

もう一度念押ししておきますが、バレバレですよ。

「ドゥルガーの娘」と呼ばれる幼いアイメル。彼女には新たな定めが加わったようです。

アヴィンの妹らしい行動力も発揮されるようです。

やっとバスターを見ることが出来ました。あのシーンは健在のようです。

キャラクターが吹っ飛ばされるところは5の動きと同じなようです。

・・・小舟に一人しか姿が見えないのですが!!(個人的に超悲しい;;)

セリフがいくつも出てくるのですが、下に別記します。シナリオのボリュームを感じさせます。

白いハトが飛んでいますね・・・集団で。いや、子飼いのハトはいるのかな~って思っただけです。

ムービーシーンのクオリティは半端じゃないです。初見からだいぶ経ってますが、まだクラクラきます。

<セリフ編>00.11.13追加

8年前のあの日。
聖地カテドラールで穏やかに暮らしていた
幼い孤児のの兄妹、
アヴィンとアイメルを悲劇が襲った。

「見つけたぞ、ドゥルガーの娘!」

闇の使徒の手を逃れるため、
引き裂かれる兄と妹

「俺、アイメルを守ってやれなかった・・・・・・」

少年時代は瞬く間に過ぎ去り・・・・・・
やがて逞しく成長したアヴィンは、
親友マイルとともに妹を探す旅に出る

「運命よりも何よりも・・・・・・旅に出れば
お兄ちゃんに会えるかもしれないと思ったから」

そしてアイメルとの再会、
つかのまのやすらぎ・・・・・・

だが、人は未だ
神々の運命に囚われ続ける

「命がけで守るって約束したんだ!」
「神など忌まわしい呪いにすぎん!」
「形見ってのは何だと聞いてる!」
「どうせ捨てた命だから・・・・・・!」
「エル・フィルディンの
全てを敵に回して・・・・・・」
「アヴィン、ごめんなさい・・・・・・」

人は
運命に操られるだけの
存在じゃない

<場面編>00.11.18追加

・ ファルコムロゴ:前から羽根、ありましたっけ?(ありましたね・・11/21)
・ 朱紅い雫タイトルロゴ:一瞬ハトが飛びます。
・ 崖の上の建物:カテドラール?
・ ベリアス卿と邪神官と僧兵。
・ 幼いアヴィンをかばうガウェイン。
・ アヴィンはガウェインと、アイメルはオレシアと・・・引き離される兄妹。

・ ウルト村。幼い日のマイルとアヴィン。
・ 案山子のまわりで鬼ごっこ?
・ アヴィンとマイルの旅立ち
・ カーソルだったのか。ピッカードでも前を歩いているのかと思った。
・ セータ?赤い逆毛の斧使いの男と戦うアヴィン。男の後ろからルティスが。
・ アイメル:立ち姿、ふり向き顔。
・ 一滴の雫
・ 神殿のような所に立つアイメル。正面になにやら邪な者が浮かぶ。
・ ヴァルクド神殿のステンドグラス:きれいな上に、なにやら場面が描かれている様子。
・ 見上げるアヴィン:・・やっぱりステンドグラスのシーンだったのか・・
・ 鐘が鳴る。
・ 池?建物が映り込む。葉っぱが一枚浮かんでいる。降り出す雨。
・ 襲われるアヴィン一行。:敵がその他大勢増えているのがなんとも・・。シャノンが見えないような気がしますが。
・ 戦うアヴィンと赤毛の男。廃墟?墓地?
・ 精霊窟の前で戦う・・・ルティスと、相手は誰だろう茶色の髪で赤いマント、ルキアス?
・ ザール窟を開くマドラム。
・ ヴァルクド礼拝堂でガウェインにど突かれるアヴィン。
・ 崖地。ボルゲイド対ルティス。後ろにアヴィン。
・ 海底洞窟?Lv36。魔獣の名前が初見だったり。:パーティ3人・・・この後で加わりそうな人って言ったら?!(Mさん希望(笑)。それとも、一人選べるんでしょうかね。だったら嬉しいですが。11/21)
・ イドゥン戦
・ 修道院
・ アヴィンとマイル。:おや、アヴィンも手袋してる。
・ シャノン。
・ 窓越しに、遠く落雷を見る。:どこでしょう?
・ マドラム
・ ルティス。:何やら明かりの下にいる?
・ ルティスアップ。:意味深だけど・・・わからん。
・ 神殿より飛び立つ白いハト
・ ウルト村を見下ろすアヴィン:髪しかなびかなかったら怒る~と言っていたカットだけど、一瞬見ると気にならないか・・・(大甘)。
・ 流れ星
・ 雨上がり?池に浮かぶ一枚の葉っぱ。何気に暗示的。
・ 女性の石像
・ 獣車の戦い
・ カテドラール襲撃
・ コンバットアニメ
・ ガーデンヒルの精霊窟の前。アヴィン、ルティス、ルキアス。
・ 小舟に乗るアヴィン。:泣きそうです~。ミッシェルさんは~~?
・ ルティス、アヴィン、ガウェイン。どこ?壁画の前?
・ 精霊への道をいくアヴィン。
・ 光の道?に向かうアヴィン。ボルゲイドVSルティスと同じ場所?
・ ステンドグラスを見るアヴィン
・ 祈るアイメル
・ アヴィンの手の中の二つの神宝?
・ 白いハトを飛ばすアイメル
・ 鐘楼より飛び立つハト
・ 空を飛ぶハトの群れ

こんなの見ちゃって、大丈夫なのかな・・・自分。

<大胆予測+願望とか>00.11.15追加

あの竜神みたいなのが「ドゥルガーの娘」なんだろう・・・ね。
(ポポロクロイス物語2のマイラによく似ているっていうのは置いといて。)
ドゥルガーの役目を思えば、ドゥルガーの娘に、オクトゥムの封印や復活にまつわる鍵がある事は十分考えられること。
もしくは、そのドゥルガーの娘が抱えているエリュシオン・・・。
エリュシオンの実体化に、ドゥルガーの娘の力が必要なのか?
だとすれば、エリュシオンの復活はオクトゥム消滅の危機につながるから、 「ドゥルガーの娘」が狙われるのはわかること。

わかんないのは、どうしてそれがアイメルなのか?ということ。
アヴィンがエリュシオンの使い手になるということと合わせて、
二人の宿命については、きっと何か語られるよね。

それとさ、彼女の力が必要、となれば、ヴァルクド神殿から連れ去られるっていう展開かもしれないじゃない。マドラムの役割が変わっているような気がすることも合わせて、少々期待。アヴィンには、絶望して欲しくないから・・・。(って、ミッシェルさんの出番はどうする~~!)

上に戻る

朱紅い雫のトップに戻る

ガガーブトリロジー色々のトップに戻る

HOMEに戻る