英雄伝説ガガーブトリロジー 海の檻歌|Junkkits

最終更新 2006-04-23

発売後のNEWS

2006年2月11日

攻略本が発売になってます。(すみません、まだ本屋に行ってない。)
片方14日予定だった気がしますが、公式サイトでは両方10日発売になってます。

http://www.kadokawa.co.jp/comic/bk_search.php?pcd=200509000218
英雄伝説 ガガーブトリロジー 海の檻歌 完全攻略ガイド
編:角川書店
発売日:2006年2月10日
定価:1890円(税込)
ISBN 4-04-707205-2-C0076

http://www.dengekionline.com/books/index.html
英雄伝説 ガガーブトリロジー 海の檻歌 ファイナルアーカイブ
メディアワークス
発売日:2006年2月10日
定価:1995円(税込)

それともう一冊、アートワーク集の予告が載っています。ページの下の方です。
(途中にワタルやらバイファムやらの名前が出てて、スクロールが止まる止まる(笑))

http://shinkigensha.co.jp/kinkan/index.html
英雄伝説 ガガーブ トリロジーコンプリート アート ブックス
新紀元社
B5判 約160頁
本体1,900円(税別)
2006年3月下旬発売予定

2006年2月12日

「英雄伝説 ガガーブトリロジー 海の檻歌 ファイナルアーカイブ」を買ってきました。
最初、前のと同じ大きさのを探してたら見つかんなくて。
一回り大きいサイズなんですもの。

なんかすごーく気合いの入った本です。
表紙が岩崎美奈子さんのフォルト&ウーナ。
キャラ紹介はエクストラキャラにも及び(つまり3作制覇)、それぞれのメインキャラは、後ろ向き立ち姿の線画も入っています。フォルトの後ろ姿なんて初めて見た気がします。表情もかなり掲載されており、二次創作系の皆様には朗報かと。

さらに裏表紙側の帯に、全く知らなかった究極の隠しアイテムの情報もありました。
私のコンプリート状況では当分検証できないのですが、すごく「持ってみたいもの」です。

クリアデータ込みの完全100%年表、海の宝珠・音の記憶の欠片入手場所、フィールドマップもあり、大変頼りがいのある内容になっています。あ、小説も収録されています。

2006年2月15日

「英雄伝説 ガガーブトリロジー 海の檻歌 完全攻略ガイド」を買ってきました。
こちらは今までと同じサイズです。
表紙はゲームパッケージと同じ椎名優さんのもの。

表紙と帯に景気の良い言葉が並んでいますが、
「最後までゲームをクリアするための完全攻略ガイド」なら間違っていないでしょう。
「あらゆる要素までクリアするための完全攻略ガイド」を期待してはいけません。
本の入手場所一覧はありますが、宝珠・音・年表の一覧はありません。
二周目の追加要素の記述もありません。

キャラクター紹介はスレイド以外のサブキャラを全て網羅しており充実しています。ただしキャラ紹介文がかなりのネタバレになっており、先に読んでしまったらつまらないこと間違いなしです。エクストラキャラの紹介はありません。

12日に紹介した「海の檻歌 ファイナルアーカイブ」と情報のまとめ方が大分違っています。
あちらはストーリー、マップ、ショップとページが分かれているのですが、 「完全攻略ガイド」ではストーリーに沿ってまとめて紹介されています。この辺りは好みでしょうね。
チャート攻略を丹念に見ていけば、かなりの情報が記載されています。

隠し要素込みの完全攻略を目指すなら「ファイナルアーカイブ」。
1回クリアできれば良いなと思うなら「完全攻略ガイド」でいいんじゃないでしょうか。

2006年3月3日

英雄伝説 ガガーブトリロジー3巻購入特典の「ミニファンブック」と「スペシャルディスク」が届きました。

ミニファンブックは、オールカラー48P。メインキャラ紹介(表情集あり)と序章(雫は第一章)の紹介。
あとパッケージイラストと着せ替えジャケットのイラストが文字のかぶり無しで見られますv
覚悟はしていましたが、ラップじいさんしかいない…船長はいない。

ん? 今なにげに見返してて気付きましたが、「制作:株式会社新紀元社」となっています。
それでか! キャラ紹介のところに、性格、設定という項目があるのですが、にやりと笑いたくなる事が書いてあるんですよ。
今月末発売予定4月発売予定の「英雄伝説 ガガーブ トリロジーコンプリート アート ブックス」が一層楽しみになりました。

スペシャルディスクは、オープニングアニメとプロモーション映像、TVCMが2パターン(発売前と発売中)収録されています。
PC版のオープニング部分は収録されていません。「時の向こう側」が流れている部分だけです。
「白き魔女」と「海の檻歌」のプロモーション映像は初見でした。
「海の檻歌」のアニメ部分、プロモだと上手くはまっている感じです。OPで見た時よりいいなーと思いました。プロモの最後の方に3作の主人公ズが6人映るのですが、雫はアヴィンとマイルの組合せでした(笑)。アヴィンはパッケージイラストから、マイルは設定の立ち絵から。一瞬、アヴィンがマイルの肩に頭を預けているように見えたのは、煩悩のなせる技だったのでしょうか……。

UMDには、PSPアップデートのVer,2.60も入っています。

2006年4月23日

英雄伝説ガガーブトリロジー コンプリートアートブックス 新紀元社 を購入しました。

B5サイズ 1900円(税別)
ISBN 47753-04607

いや~、絵がメインですv
網羅されているのはPSPガガーブに向けて描かれた絵です。
海の檻歌の宝珠集めをコンプリートしていれば、ほとんどが同じものですが、全身絵とか、後ろ姿の鉛筆画も入っています。
サイトとSIDE-Bに掲載された海の檻歌のコミックも収録されています。
本は三作品に分かれていて、キャラクター紹介と人物相関図、アニメオープニング(見開き二ページ)、ストーリー紹介(一章一頁)、パッケージイラストと特典着せ替えカバーの文字なし版が収録されています。
あとお約束の「三つの世界のつながり」「ガガーブ世界の歴史と大魔道師のあゆみ」があります。
そして、白き魔女コミックを連載された永倉由紀さんと、ウェブコミックを描かれた竹山祐右さんの特別寄稿があります。
ガガーブ世界の歴史に使われているのは、海の檻歌に白き魔女と朱紅い雫の年表を読み込ませたもの。横半分にミッシェルさんの軌跡があるのですが、ニヤニヤしながら読めます。白き魔女のところに「84歳」と書いてあって、ちょっとくらっとしましたが…。

上に戻る

HOMEに戻る

PSP海の檻歌のトップに戻る