英雄伝説ガガーブトリロジー 海の檻歌|Junkkits

最終更新 2006-01-13

不確定NEWS

(情報のはっきりしないものも、とりあえず載せる方向で。)

2005年8月16日

岩崎美奈子さんのサイトに、気になる記述が!
DIARY→note と開いて8/16のところです。
おっさんとかじいさんとかいうあたりが、とってもとっても英伝くさい(笑)と思いませんか?
キャラチップを見ながらリアルキャラを起こしているらしい状況もそれっぽくて、つい応援したくなります。
頑張ってーーー!
(でも、岩崎さんのことだから、別作品という可能性も大いにあるとは思いますが……。)

2005年8月23日

日本ファルコムのサイトにライセンス情報ページがあるんですが、
ライセンス製品→ライセンス商品一覧でバンダイを見ると、ここにはもうしっかり、
英雄伝説5「PSP」って入ってるではないですか!!!
一体いつから書いてあったんだろう。今までこのページはチェックしてなかったんですよね。

2005年8月24日

ゲーム屋店員の戯言 に、発売日の情報が掲載されました。
情報元がどこなのかはわかりませんが、朱紅い雫の時もこちらのblogの情報が最初でした。

発売予定日は、2005年11月24日です。

2005年8月26日

バンダイ ビデオゲーム ホームページの新作カレンダーに発売予定が掲載されました。

2005年8月26日

電撃PlayStation Vol.323(メディアワークス500円)
カラーページに特集4ページ。

椎名さんのイラスト1P 。フォルトとウーナとマクベイン、それにアリア。これがパッケージかなぁ。とても華やかですv

キャラクター紹介。全身図が載っているのは、フォルト、ウーナ、マクベイン、ジャン&リック、レイチェル、シャオ、アイーダ、パルマン、アリア、アルトス。それぞれバストアップのスクリーンショットも載ってます。(ジャン&リックはないよ、念のため。)

フォルトはあんまり変わらない感じかな。ちょっと元気になったっぽい。ウーナはすごく行動的に見えますv
ソックスや手袋、髪留めにレースがあしらわれてます。かわいいよ~。バストアップのウーナもすごく可愛いです。

いろいろネタバレな突っ込みはこちらからどうぞ。8/29ネタ追加

2005年8月27日

ガガーブトリロジー公式サイトに海の檻歌プレサイトが設置されました。
海の檻歌プレサイト

メインパーティ(フォルト・ウーナ・マクベイン・ジャン&リック)のキャラクターイラストby岩崎美奈子さん。
ジャケット絵(フォルト・ウーナ・マクベイン・アリア)by椎名優さん。
スクリーンショット9枚ほどが見られます。

こちらでは、発売予定日が2005年11月23日(水・勤労感謝の日で祝日)となっています。
23日に手に入った方が有り難いですね(^^)。

2005年8月29日

岩崎美奈子さんのサイトにて、最近の仕事として「海の檻歌」が告知されました。INFORMATIONページ。
何やら気になる記述がありまして……今出ているキャラたちは修正前のものだとか。
ウーナちゃん限定で、修正しなくてもイイんじゃないかと思ってしまいました……。

2005年9月7日

海の檻歌プレサイトに、「webコミック配信予告」が掲載されました。
配信方法などは後日HPにて発表されるとのことです。
ウーナ、フォルト、マクベインのラフカットが掲載されています。
作家様の情報はないです。コンプティークの永倉さんとは別の方です。
しかし、これではフォルちゃんが野生児です~(涙)。

《ページの行き方》
檻歌プレサイトの「Top page」で、フラッシュが最後まで表示される(もしくはskipボタンを押す)と、
「webコミック情報」ボタンが現れます。

2005年9月11日

バンダイゲームチャンネルに「東京ゲームショウ2005バンダイブース出展のご案内」が掲載されました。
海の檻歌は、ゲーム体験と映像ありになってます。

ゲーム屋店員の戯言に、ゲーム店向け情報かな?掲載されました。
・・・以下はカモミールのコメントです。

「英雄伝説 ガガーブトリロジー 海の檻歌」

特典特別パッケージ+着せ替えジャケット
・・・青箱と朱紅い雫の着せ替えジャケットかな?というと、海の檻歌の着せ替えジャケットは…なし?

TVCMあり
・・・前2作と同じように、アニメOPを切り貼りした物になるんでしょうか。スレイドさん出ないかな~v

ペットシステム
・・・ジャンとリックの立場はどうなのよ?と思ってしまいますが、でも彼らはパーティメンバーですからね。

エクストラシナリオ
・・・これがあるということは、発動条件として年表もあるということでしょうか?やだね~(笑)。

音楽&カードの収集要素あり
・・・音楽は、Windows版でも楽譜が入手できたからそれだと思うけど。カードって?

2005年9月12日

ショッピングサイトで予約ページが出来てました。

メディアランド

いーでじ!!楽天市場ゲーム館
前回大好評の製品説明は準備中。楽しみにしてます!

バンダイララビットマーケット
説明文が長いな~と思ったら、ネタバレが書いてあります!前情報を仕入れたくない人は気を付けてください。
朱紅い雫+海の檻歌の着せ替えジャケットが付くようです。
ペット、さらに進化しているようです…。

2005年9月30日

電撃PlayStation Vol.327(メディアワークス500円)
表紙裏に見開きカラー広告。
ガガーブトリロジー完結記念プレゼントの応募要項が書いてありました。
詳しくはHPへ、と誘導してあったので、ガガーブトリロジー公式サイトでも告知されると思います。
本日17:30現在まだ更新されてないみたい。

カラーページに特集2ページ。
目新しい物はウーナの表情集v

2005年10月1日

海の檻歌公式サイトがオープンしました。
昨日の夜から開いてたと思うんですが、自分のブラウザが、キャッシュクリアしても新しいのに変わらなくて、確認できたのは今日になってからでした。(業を煮やしてF5キーを北斗の拳のごとく連打したら新しいサイトに変わりました(笑))。

青箱・雫と檻歌の着せ替えジャケットの画像が見られます。これの詳細と「3巻購入キャンペーン」の詳細は近日発表となっています。

キャラ紹介・戦闘紹介などがあります。
またも(だんだん驚かなくなりましたが……)斥候鳥がフィールドにいて溜め息。ブースカンもいたな。
でもはねリスとタートンもいました。
白き魔女のように魔獣総入れ替えって事態は避けられていそうです。

必殺技・アンサンブル魔法の動画が見られます。
アンサンブル魔法のエフェクト、変わってますよね?短くなっててイイかも。
魔法の名称はオリジナルのままですね。よかった~。

2005年10月5日

バンダイゲームスの、東京ゲームショウ2005ページに「海の檻歌」スタッフインタビューが掲載されていました。ちょこっとですが、新情報もありました。

2005年10月14日

海の檻歌公式サイトが更新されました。

・初回特典の詳細情報
・ 3巻購入キャンペーンの詳細情報
・キャラクター紹介の大量追加(ゼノン、ラウゼン、カチュア、アーガス、デュオール、デミール、バルタザール)

カチュアがとってもかわいいですv
デミール市長があってメリトス女史がないのは個人的に悲しいところ…。

2005年10月14日

電撃PlayStation Vol.328(メディアワークス550円)
今回はバンダイの広告なし。
記事はカラー見開き2P。以上終わり。

……と書いてしまいたくなる記事内容だったのよ、これが。
あおり文が、「エル・フィルディンの勇者がヴェルトルーナの地に立つ!」
……どんな中身だったか想像して。 こんなんどうやって説明したら良いんだか……。

というわけで、PC版クリア済みの方はネタバレページへどうぞ

キャラ紹介がありました。公式サイトに追加されてる人たちもいます。
フォルトとウーナは全身、他の人たちはバストアップです。
フォルト、ウーナ、レイチェル、マクベイン、シャオ、アイーダ、ジャン&リック、アリア、デュオール、パルマン、アーガス、アルトス、デミール、ゼノン、シド(バルタザールのことね)、カチュア、ラウゼン皇帝。

他にエル・フィルディンの勇者たち(笑)もバストショットがあります。
アヴィン、マイル、ミッシェル、トーマス、ルカ。

あと、エクストラシナリオのことがちらっと載っています。スクリーンショットが二枚あります。
・エクストラステージへは、転移門から向かうようです。
・クリスが仲間に入れろとフォルトに迫っています(笑)。すっごく見覚えのある……アルフのお城の台所じゃない、ここ。
「3作品のキャラが総出演する」とありますので、色々と期待しましょうv

2005年10月22日

ゲームショップにチラシが置いてありました。
パッケージイラストとシナリオ・バトルシステム・キャラクター・エクストラの解説、
それと初回特典、三巻購入キャンペーンについて書かれています。

キャライラストが載っているのは、
マクベイン・フォルト・ウーナ・ジャン&リック
レイチェル(ナイフ持ってる~)・パルマン・アリア・アイーダ・アルトス・シャオ

パーティメンバーが総勢15人と書いてありました。ジャン&リックは1とカウントなのね。
英語タイトルって、他にも書かれてましたっけ。「A Cagesong of the Ocean」。WIN版と変わってないですね。
ペットはイベントアイテム以外の全アイテムを食べるそうです……SSでは「音の記憶の欠片1」というアイテムを食べてます。「真紅のバンダナ」とかも食するんでしょうか?

2005年10月28日

電撃PlayStation Vol.330(メディアワークス500円)
今回もバンダイの広告はなし。

カラー見開き2P。
アリアさんの全身イラストあり。
今回はさほどネタバレはないかな。序盤のイベント中心に、共鳴石を説明してます。
24種類の石の名前と効果が載っています。

あと、ちらっと3作品の魔法体系について書かれています。(あら…タイトルに徹底解析って書いてあるわ……)
白き魔女のところに
「大神官オルテガによって確立されるまで、この世界で魔法は存在しなかった。」
と大嘘が書いてあります。
初耳だよ、こんな説は。
作中orマニュアルなどで言及されているのは、
「大神官オルテガによって確立されるまで、この世界で魔法はカンドとチャッペルに別れていなかった。」
でしょう。
有り得ない説ではないと思うけれど、雑誌にいかにも公式っぽく書かれるのは納得いかない。
PSPでは白き魔女と朱紅い雫の魔法体系は近いからそういう説を出したくなるかもしれないけれど。
でも、パソコン版ではティラスイールに独自の魔法体系があったと言い切れると思うんですよね。

あとですね、ペットシステムと、CG&音楽鑑賞モードの説明が載っています。

ペットは属性を持つようです。また、空腹度のパラメータが追加されるとか。

CG&音楽鑑賞モードっていうのは、先行情報で謎だった「音楽&カードの収集要素」のことでしょうか?
電プレに書かれているのは下記の事柄です。
・ペットがアルバムを拾ってくる。
・アルバムでCG&音楽鑑賞ができる。
・入手アイテムをペットに与えると内容が充実していく。
ペットに与える「入手アイテム」っていうのが「カード」なのかな?と思わせますね。
しかも、CGについては、
「シリーズ歴代キャラクターのCGを見られる」
との情報が!!
マジですか?
「ミッシェル思案顔」(←一等お気に入り)とかが好きなだけ見られるのですか!?
キャラクターのバストショットは数が多くて、雑誌・攻略本掲載のものだけでは到底カバーできなかったので、これは嬉しい要素です。
同じように音楽鑑賞もシリーズ歴代(=海の檻歌+白き魔女+朱紅い雫)が聞けるのでしょうか?こちらは触れられてなかったのですが……。イラストよりデータ量が大きいだろうし、どうなのかな。聞けたら嬉しいですが。

2005年11月1日

海の檻歌公式サイトにて、webコミック「第1話旅立ち」が配信開始されました。

主役はウーナだそうですよv
描いているのは、竹山祐右さん。

公式サイト掲載の他、電撃webコミックくりまん、ショップ配布のSide-B(12月号から)にも連載されるそうです。

2005年11月2日

ゲーム屋店員の戯言に、発売延期の情報が載っています。

<続報>
朱紅い雫の延期のとき、真っ先に情報が訂正されていた、いーでじ!!楽天市場ゲーム館さんでも2006年1月12日発売予定の告知に変わってます。

<さらに続報>
ガガーブトリロジー公式サイトでも発売予定日が変更されました。(月雫さん、いつも情報ありがとうございます)

2005年11月11日

電撃PlayStation Vol.331(メディアワークス550円)
バンダイの広告はなし。記事はカラー4P。

発売日変更になってます。
キャラバストアップに新登場は、待ってましたのメリトス女史!おおーぅ、ここまでつり目なキャラは想像しなかったなぁ。でもメリトス女史って他のほんわり穏やかな市民の皆さんと、ちょっとキャラが違う感じなのよね(…これは二次創作「カヴァロ解放」を書いていたときの私の印象なのですが、商魂たくましいというか、安全より利益っていうか、そういう気配を感じました)。
他には、スティグマがいますよ。意外と身だしなみに気を使わないお方?同じ国の人ということでスレイド外交官が紹介されてますが、間違ってないんですが……紹介文で抱腹絶倒しました。
ペニソラ公爵とエグール子爵も出ています。それとナレサ隊長が!岩崎さんの御苦労をちょっと想像してしまいました。

海の檻歌の世界観ということで、登場する各国が紹介されています。
パーティメンバーの見どころクローズアップでは、アリアまでのパーティメンバー10人に1カットずつスクリーンショットが付いてます。
戦闘システムについても変更点や見どころが紹介されてます。必殺技が割り込みで使えるようになるみたいです。有り難い。

あと、チェックポイントとしてペットシステムやエクストラシナリオ、共鳴石、別大陸とも関係が?があります。
エクストラシナリオに「ヒロインだけの華やかなパーティも可能だ。」と書かれています。
それはとりもなおさず、「お気に入りヒーローだけのイケメンパーティも可能」ってことですね!しかも6人だよ!(本編クリアした後も延々と遊べそうな気がする(笑))

2005年12月1日

公式サイトに、webコミック第2話が掲載されました。
で、リオーネって、誰?(笑)

2005年12月15日

webコミック第2話を見直したら、名前がレオーネに直ってました!!
ってことは、プロデインになってるってのも指摘したらちゃんとブロデインに直るのかなぁ。

まあ、店頭配布のSide-Bではリオーネのままなんですが・・・。
そのSide-B、コミックの他に檻歌の紹介もカラーで1P載っています。ぱっと目に付くところにガガーブを背負ったミッシェルさんがいたので、迷わずもらってきてしまいました(笑)。

あと、今月号の(18日には次の号が出ちゃうけど)月刊アスキーにPSPガガーブトリロジーのカラー広告が出ています。3巻購入キャンペーンについても書かれています。

2005年12月25日

電撃PlayStation Vol.337(メディアワークス550円)
バンダイの広告はなし。記事はカラー2P。

金曜にちらっと読んだとき、記事を見落としてました(^^;)。

銀髪の少女のイラスト(もちろん後ろ姿)が割と大きく載ってます。はい、レジへGO!

発売前の記事は今回が最後なので、物語の核心に迫っています。
・謎の老人レオーネとの邂逅とか。
・こんなキャラが仲間になるよ~とか(でもスレイドさんがいないのは解せん)。
・オープニングアニメとか
8コマほど出ているが、うち2コマでオースタンとグレイスールの背景画を流用してる。キャラ作画もたぶん3本中最低レベルじゃないかなぁ……動いて良くなってればいいけども。
あと、某助っ人ペアが、1コマ映っているんだけども、髪短い……。ちょっと気になる(お見送りシーンとかがあったら、作画の質も何もかも許してしまうんだけど(笑))。

2006年1月1日

ゲーム屋店員の戯言さんに、特典の着せ替えジャケットの画像が掲載されています。雫と檻歌の着せ替えジャケットが付くのですが、アヴィンが格好いいですよ~v(この記事、雫の方のニュースに書こうかと思っちゃったくらい…)マイルと背中合わせ、です。
檻歌の方は、キャラの立ち絵のアレンジみたいです。
12/31付けの記事です。

2006年1月5日

海の檻歌公式サイトにて、webコミック「第3話」が配信開始されました。
今回はアイーダが出ています!大人のお姉さんに魅力だった第2話とは違い、さわやか路線?

2006年1月11日

いよいよ明日発売ですね~。
早くも攻略本の情報が出ていたのでご紹介。

ゲーム攻略本発売予定表さんより

2月10日ザ・コンプリートガイドメディアワークス\1,8904-8402-3376-4

2月14日完全攻略ガイド角川書店\1,8904-04-707205-2

上に戻る

HOMEに戻る

PSP海の檻歌のトップに戻る