軌跡シリーズ 閃の軌跡3|Junkkits

最終更新日 2017/10/1

序章 春、ふたたび

S1206.4.1

リーヴスの駅を降りて歩くリィン。
操作は出来ません。
トワ先輩に会いました。カメラアングルがをトワを捉えるまでが秀逸でした。笑った。
話をしながら学院へ向かいます。
いろいろ、あったようで。
トールズの本校は、皇太子を迎えるに当たって、随分変わったらしい。
しかし、この第二分校も、たった一年の間に整備されたとはとても思えないのですが…。
もうそのあたりは、突っ込み入れちゃダメか。

学院で他の先生と顔合わせ。
ミハイル先生は主任。鉄道憲兵隊所属の少佐。つまりお目付け役ですね。
ランドルフ先生は帝国軍の中尉。元特務支援課のランディ兄貴です。
この二人と、トワとリィン。少ないです。
校長は、オーレリアさん。閃2でラウラのとこへやってきた人ですね。
それとシュミット博士。ヴァリマールの武器を作ってくれた人ですね。特別顧問らしい。

いきなり入学式だと。
そんなぎりぎりに召集されちゃったリィンが気の毒。
先生っぽく見せるためか、胸元から伊達眼鏡を取り出すしぐさがなんか可愛い。
かわいいけど、眼鏡、かけたな……。
軌跡伝統の”眼鏡キャラは悪い人”フラグでなければ良いのですが。
何かと心痛の多そうなリィンだけに、心配です。

来賓も居ない、超簡素な入学式のあと、クラス発表。

8組戦術課ランディ先生。
生徒は8人。
ゼシカ、ウェイン、シドニー、マヤ、アッシュ、フレディ、グスタフ、レオノーラ。

9組主計課トワ先生。
生徒は9人。
サンディ、カイリ、ティータ、ルイゼ、タチアナ、ヴァレリー、ミュゼ、パブロ、スターク。

何故か発表されなかった7組リィン先生。
生徒は3人。
ユウナ、クルト、アルティナ。

クラスごとのオリエンテーションで、どこかへ向かいます。
あれ、他のクラスのはずのティータがシュミット博士と一緒についてくるよ。

着いたのはアインヘル小要塞。
これもシュミット博士のオモチャでしょうか。
マスタークオーツを4つもらいました。
リィンに付けたのはカクヅチという奴。
他に、スクルド、シリウス、ディーヴァでした。

地下1階から地上へ戻ってくるのがオリエンテーションですって。
なんか強そうな魔獣を配置されたようなティータの悲鳴と共にミッション開始。

今度はメンバーにアナライズ持ちがいません。
持ち物にバトルスコープが10個あったので、これを使いながら進みます。

1回目の戦闘終了後に、戦闘ノートが開封されました

戦闘のチュートリアルですね。
固い魔獣にアーツを使う。
大型の魔獣に戦術リンクを組んで対応。
ここでキャンプメニューのLink-LVが開封されました。

ティータから約半分進んだとアナウンスが。

宝箱はここまでに3つ。
赤:ブレスR
赤:ファイアボルトR
黒:ティアラの薬3、EPチャージII3、キュリアの薬3

さらに大きな魔獣に遭遇。
倒したらリィンは8に、他の生徒は4にレベルアップ。
アルティナが、クラフト:ディフェクタ-Δ(デルタ)を覚えました。
アナライズの役割をしてくれますね。

ホッとしてたら、魔獣が起き上がった!
リィンの瞳が一瞬赤く光り、Sクラフト:七ノ太刀・落葉が使えるようになりました。
さくっと討伐。

休憩装置を使ってから、最奥へ入ります。
1階の明かりが見えます。ここで最後だ。
沸いて出たのは、え、魔煌兵。
今のパーティでは無理と判断したリィンがヴァリマールを呼ぼうとしたら止められました。
アークスIIの新たな力を引き出してみろ、ですって。
新機能ブレイブオーダー。
パーティの能力を底上げする感じかな。

そうそう、アークスIIはオリヴァルト皇子からのプレゼント。

で、戦ったんですが、残HPが1のまま数ターン……。
なんぞ? と思ったら、魔煌兵が高揚しました。
敵側もパワーアップしちゃうと言う奴です。
これのために死なずにいたのか。
HPも3割くらい回復したので、再び戦って、今度は撃破。
生徒は3人とも、7組でやっていくよと宣言。
実践オリエンテーション終了しました。

ティータとアガットもアークスIIを持っているのかな。
すぐ駆けつけてやるって宣言してました。
ティータが、”帝国に入れないお姉ちゃんたちの代理”と言ってました。

クレアとルーファスとレクターが、オズボーンと通信してます。
3人もそれぞれ別の場所からのようですね。
ノーザンブリアを併合したので、蛇が動き出すように言ってました。
拠点とかがあったのかしら。

もうひとつ、リィンの机の上に置きっぱなしのアークスIIから、声が。
懐かしい声が次々と。ガイウスとリィンが繋がらないって。
チャットか。みんな繋がっているんだ。

ここでオープニングが流れました。

序章終わり

上に戻る

閃の軌跡3のトップに戻る

軌跡シリーズのトップに戻る

HOMEに戻る