ミッシェル・ド・ラップ・ヘブン捏造企画|Junkkits

デュルゼルの手紙

(白き魔女 最終章より エンディング)

俺がまだ宮廷剣士になる前のことだ。
剣士に憧れる俺は、
武者修行を気取って旅を続けていた。
そんなときだ。
帰った者のいない魔女の島からただ1人戻り
魔法の都オルドスを開いた大魔道師オルテガが
その地を離れて隠居したと耳にした。
以前からオルテガには興味があった。
もちろん魔法と剣では扱うものに違いはあるが、
オルテガの極めた数々の魔法の話は
剣士が修行を積むのと近いものがあるからな。
オルテガが大聖堂にいるあいだは
とても恐れ多くて会いになど行けなかったが
隠居したのなら話は別だ。俺は人づてにオルテガの
居場所を探り、山間の村へ行き着いた。
大魔道師オルテガはそこにいた。
血の気の多いだけだった当時の俺にも、
オルテガは優しく接してくれた。
俺はオルテガから様々なことを学んだ。
果たして、どこまで俺がそれを活かし切ることが
できたのか、今になっても怪しいものだが・・
オルテガを心の師と仰ぐ関係は、
俺がルード城の宮廷剣士になった後も続いた。
やがて歳月が経ち、イザベルがこの世界に現われ、
しばらくしてゲルドが現われた。
この経緯については以前に話したとおりだ。
倒された白き魔女の横には1本の杖が転がっていた。
俺にはその残された杖に、
ゲルドの世界を憂う思いのようなものが
込められているように思えてならなかった。
俺はゲルドを埋葬した後、
ゲルドの杖を持ち、オルテガの元を訪ねた。
オルテガはその杖を見て驚愕した。
巧妙に力を封じてあったが、杖に込められた力は
予想を遥かに越えていたのだ。
杖にはゲルドの意思そのものが吹き込まれていた。
力を有する杖も両刃の剣と同じだ。
使うべきときに使うべき者が使用しなければ
力は呪いと呼ばれることになる。
俺はオルテガにゲルドの杖を託すことにした。
オルテガは持てる魔法のすべてを駆使し、
ゲルドの杖を封印して形を変え、
力が容易には発動しないように手を加えたのだ。
その杖を、クリスが持つことになったと言う訳だ。
ゲルドの想念が残るゲルドの丘で
銀の短剣と並べたときに杖が発動するよう
してくれたのはオルテガだ。
その為にオルテガは魔法の力を殆ど失った。
これでクリスの杖が、
なぜ、あのような力を発揮したのか
わかってもらえたことだと思う。
この話だけは、どうしても伝えておきたかった。
(後略)

上に戻る

HOMEに戻る

ミッシェル・ド・ラップ・ヘブン捏造企画のトップに戻る