朱紅い雫 トーマスにまつわる語録

(朱紅い雫旧版 プラネトス号船上 アヴィンとの会話)

船乗りトーマス
ガウェインさんから聞いたよ
あんた、なかなかやるみたいだな。
俺もやるぜ。
いつか、七つの海を巡る船乗りに成ってやる。
ガガーブを越えて
その先の海へも漕ぎ出してみせるぜ。
まあ、船の上なら任せときな。
俺が乗っている限り、この船で心配はない。

(朱紅い雫旧版 中盤 ブリザック船員酒場)

トーマス:
よう、アヴィンじゃねえか。
おや・・・?
ひょっとしたら
この娘が、呪われて苦しんでたっていう
ルティスかい?
けっこう、べっぴんさんじゃねえか。
この、このう・・・。
アヴィン:
・・・酔ってる。
ルティス:
なんで・・・。
船員酒場のおやじ:
トーマスの夢は、
怒りの海を越えて東の世界へ行くことなんだよ。
こいつなら、やるかもしれないなぁ。

(朱紅い雫旧版 中盤 ブリザックの町)

リオン:
おいらも船乗りになるんだ。
もてるもんな。
トーマスみたいになるんだ。
リメーン:
トーマス様は・・・今日はお仕事。・・・素敵。

(朱紅い雫旧版 中盤 カナピアへ出航)

トーマス:
よう、来たな。
ついさっき、ガウェインのおやじさんから
あんたたちが来るから
船を出すようにって連絡があった。
船の準備は出来てるぜ。
ポール:
水先案内は俺っちに任せな。
ハンス:
さあ、乗った。乗った。
ガウェイン:
準備は整ったな。さあいくとしよう
トーマス:
あれ
オヤジさんも行くのか?
ガウェイン:
今回はわしも行くことにした。
・・・・胸騒ぎがするのだ。
ここで待っていてる気分にも
なれんのでな。

(朱紅い雫旧版 中盤 カナピア島)

トーマス:
じゃあ、俺はここで待機してるから
安心して仕事を始めてくれ。
ガウェイン:
頼んだぞ。
手掛かりがあるかも知れない。
ドミニクの家から調べ直そう。

(朱紅い雫旧版 中盤 カナピア島 二度目の会話)

トーマス:
俺のことはきにすんな。
待ってることも大切な仕事なんだ。
でも、なるべく早く済ましてくれよな。
まあ、頑張ってくれ。

(朱紅い雫旧版 中盤 カナピア島 ガウェイン分離後)

トーマス:
何、オヤジさんが消えた・・・?
こっちには来てないぜ。
おかしいな・・・。
村にいないとすれば
例の墓地の方へ行ったんじゃないか。

(朱紅い雫旧版 中盤 カナピア島 イベント終了後?)

トーマス:
ブリザックへ戻るかい?
いいえ:
まだ、買い物でも残ってるのかい?
そういや、
ここには珍しい物が売ってるらしいからな。
わかったよ。
早く用事を済ましてきな。
はい:
よし、舟を出すぜ。
・・・・
じゃあ、進めるぜ。

(朱紅い雫旧版 終盤 カナピア島終了後のブリザック)

トーマス:
カナピアへ行くかい?
いいえ:
なんだ。
船を出すんじゃねーのか。
せっかく退屈しのぎになると思ったのによ。

(朱紅い雫旧版 終盤 ブリザック船員酒場)

リメーン:
トーマス様って、最近お仕事の合間をみて
長旅の準備をしているようなの。
いよいよガガーブを越えるおつもりなのかしら。
あ~ん、トーマス様ぁ。
夢に燃える男の人ってス・テ・キ。

(朱紅い雫旧版 終盤 セータの港)

パイス:
そういや、
三賢者のひとり、ガウェイン様が雇ってる船乗りに
トーマスっていう優秀な奴がいたなぁ。
以前会ったとき
ガガーブを越えるのが夢だとか言ってたけど
越えたのだろうかなあ。

(朱紅い雫旧版 終盤 ブリザック封印の地渡航時)

トーマス:
お、来たな
船の準備はいつでもいいぜ(このテキストのみ、ちと怪しいです)
アヴィン:
やけに用意がいいな。
トーマス:
いつかこの日が来るだろうってな。
ガウェインのオヤジさんが
いつでも船を出せるように準備だけはしておけって、
うるさかったからな。
アヴィン:
さすが、ガウェイン。
お見通しだったんだな。
トーマス:
船の準備は出来てるが
あんたたちの準備は出来てるか?
店で荷物の補充をしておくなら今のうちだぜ。
出航させてもいいかい?
いいえ:
よっし、ここで待ってる。
準備を済ませてきてくれ。
はい:
よし、それじゃあ、プラネトス号の出航だ。
みんなっ、乗り込んでくれ!
プラネトス号!発進!