朱紅い雫 ミッシェル語録 獣車事件

(朱紅い雫旧版 セータ郊外)

ボルゲイド
む、何者?
私の雷撃を遮るとは・・・!
なんだ・・・・・・・誰の力だ?
どうやら貴方は悪い人のようだ。
私には神宝の価値はわからないが、
貴方の好きにさせない方が良いようですね。

ミッシェル、出現する

ボルゲイド
貴様、何者だ・・・?
ミッシェル
旅の者です。

杖を振りかざす

ボルゲイド
なっ・・・なんだ!?
ミッシェル
命は奪いません。
なにぶん、事情が分かりませんから。
でも、邪心を感じましたから、
この場からは去っていただきました。
失礼。

アヴィンたちに寄る

ミッシェル
全員を救うことはできなかったか。
ん? 呪われている者もいるのか・・・。
残念だが、この呪いは私では手に負えないな。
シャノン
う・・・ううっ・・・
ミッシェル
おや? 気がついたようだ。
そろそろ退散するとしようか・・・。
私には私の目的もあるし、
あまり介入しない方が良さそうだからな。
念のために・・・
賢者ガウェインには、このことを伝えておこう。

消えた

中略

(ヴァルクド神殿 ルティスの病室)

ガウェイン
アヴィン。
お前に客を連れてきた。
入ってくれ。

ミッシェル入室

ガウェイン
異国の私の友人だ。
彼は魔法修行の一貫として
世界の方々をあまねく訪ねているのだ。
ミッシェル
ミッシェルといいます。
私がこちらに来た目的は、魔法の鍛錬だけでなく
エル・フィルディンの三賢者にお逢いして
そのお人柄に触れることでした。
ご存じのように、エル・フィルディンの三賢者とは
こちらのガウェイン様、チブリのディナーケン様
そして亡くなったレミュラス様の3名です。
残念ながら、亡くなったレミュラス様とは
生きてお逢いすることはかないませんでしたが、
ディナーケン様とは、お逢いすることができました。
ガウェイン
ミッシェルはディナーケンに逢い、
お前のことを聞いて協力を申し出てくれたんだ。
ミッシェル
これまでのことは、聞かせてもらいました。
幼い頃からバルドゥス神殿とオクトゥム神殿の争いに
あなた方兄妹が巻き込まれたことも・・・
そしてアイメルが命を落としたことも・・・
微力ですが、私が力になれることもあります。
いえ、できれば私の協力を受けてもらいたいのです。
でないと、私も後悔を残してしまう。
ガウェイン
お前の獣車が襲われていると知らせてくれたのは
このミッシェルだ。
彼はここからディナーケンの所へ行く途中、
その場に居合わせ、お前たちが気を失っているあいだに
ボルゲイドを撃退してくれた。
アヴィン
あの時の・・・
ミッシェル
私はこの世に偶然はないと思います。
関わったからには、
何ものかの意思が働いていると思うのです。
それが神とは言いませんが・・・
ガウェイン
ミッシェルに提案があるそうだ。
わしもミッシェルに話を聞くまで
忘れていたのだが。
ミッシェル
このエル・フィルディンには
バルドゥス神ともオクトゥム神とも異なる体系を持つ
神の伝承が残っています。
セータの北にある海沿いの小さな村、
ドークスに伝わっています。
その沖に浮かぶ真実の島に
神々の戦いの以前、世界を統治していた神が
いたと伝えられているのです。
私と一緒に、真実の島に行きましょう。
アヴィン
・・・・・・・・・。
ミッシェル
旅の途中で聞いた話によれば、
真実の島には、あらゆる呪いを打ち消すという
聖水が沸いているそうです。
ドークスの村外れに、神木の柊があり
その葉を真実の島の聖水に浸すと
あらゆる呪いを打ち消す妙薬になると。
妹を失い、友を失った
今のあなたの悲しみは計り知れないでしょう。
ルティスさんは敵だったかも知れない。
しかし、あなたにルティスさんの呪いを解くことが
出来る可能性があるのなら
あなたは真実の島に行った方がいい。
誰かを助けられる可能性を持っていながら
自分の悲しみに暮れているのは
もっと、悲しいことだとは思いませんか。
一緒に真実の島に行きましょう。
それが、新しい希望に繋がるかも知れないのです。
アヴィン
新しい希望・・・?
ミッシェル
そうです。
おそらく、真実の島には忘れられた神々の
真実の歴史があるはずです。
その断片にでも触れることができれば。
バルドゥス神やオクトゥム神だけでなく
もっと大きな神の構造が見えてくるはずです。
あなた方が巻き込まれた争いの原因も
そんなところにあるのかも知れません。
少なくとも、それが分かれば大きな希望になります。
できるか、できないかは別にしても
今、人間が何をすれば良いのか分かるでしょう。
アヴィン
真実の島に行こう。
ミッシェル
良かった。
これだけ話して断られたら
どうしようかと思いましたよ。

中略

ガウェイン
間に合うかな?
アヴィン
間に合わせてみせるさ。
ミッシェル
さて、急ぎましょう。

ミッシェルがメンバーに加わった

ミッシェル
寄り道をしている時間はありませんよ。